OPENキャンペーン中!3,000円以上で送料無料!

ネパール紅茶の美味しさの秘密

ネパールの紅茶の認知度はまだまだ低く、「ネパールで紅茶がとれるのねえ」とよく驚かれます。

ネパールには世界最高峰のエベレストがあり、そのほか8000mを超える山の麓に茶園があります。

紅茶の産地はネパールの東側にあり、インドのダージリンと国境を挟んで隣接している「イラム地方」です。ダージリンというと世界三大銘茶。イラム地方は国境を挟んですぐネパール側にあり、ダージリンと同じような高品質の茶葉を生産しています。

 

ネパールの紅茶がなぜ美味しいのか。

それは紅茶栽培に適した気候、標高にあります。

標高が高いので25度までの涼しい気温で紅茶の木がゆっくりと育ちます。朝晩の寒暖の差が大きく、紅茶の茶葉は朝露を吸収してゆっくりと育ちます。日中はたっぷりの日が差し込む紅茶栽培に適した地方です。

 標高の高い地域で作られた上品な高級紅茶は下記の2点。

ヒマラヤ紅茶とナチュラル茶園紅茶です。

 

 

きれいな空気と水のある環境でゆっくりと育った紅茶の色は優しいゴールデンカラー。

紅茶好きの方にはぜひ一度ストレートでご賞味いただきたい紅茶です。