¥7,000以上で送料無料!2000円まで300円 2001-6999円まで650円

効能知って使い分けよう!冷え性さんには乾燥生姜!

今回は、生生姜乾燥生姜の効能の違いについてお話ししたいと思います。

生姜は、風邪の予防や体を温める効果があることで知られていますが、実は生の状態と乾燥させた状態では、その効果に大きな違いがあります。

生と乾燥生姜の効果の違い

生姜に含まれる有効成分であるジンゲロールとショウガオールの量に関係しています。生と乾燥に含まれるジンゲロールとショウガオールの量にはこんな違いがあります。

ginger-nutritionfact
ginger-contents
ジンゲロールは、生の生姜に多く含まれており、鎮痛・解熱・消炎・発汗効果によって、体温を下げようとする働きがあります。これは、体が熱を持っているときや喉が痛いときなどに有効です。

ショウガオールは、加熱や乾燥によってジンゲロールから変化する成分で、代謝を良くし、深部から熱を作り出す働きがあります。これは、体が冷えているときや冷え性の改善に有効です。

つまり、生の生姜は一時的に体を温めますが、その後発汗で体温が下がります乾燥生姜は持続的に体を温めますが、発汗はしません。

結論:生と乾燥はこう使い分ける!

風邪症状がすでに出て熱が出ているときや喉が痛いときは、生の生姜がおススメ

nama-giner

手足がいつも冷えやすい冷え性さんには体質改善のため、乾燥生姜を摂るまたは風邪予防対策として乾燥生姜をとることがおススメです。女性の方で冬場の生理前や生理中など、普段冷えなくてもそのときぐっと手先足先が冷える方にもおススメです。

 

乾燥生姜は、料理や飲み物に入れて使うことができます。

ginger-tea

乾燥生姜の効能を知って、冷え性対策に役立ててくださいね。

日常生活に取り入れやすい、生姜紅茶&乾燥生姜あります。

 

生姜紅茶はこちらから