送料ディスカウントキャンペーン!3千円以上お買い上げの方送料無料!3千円までは300円

寝るとき靴下を履かない方が良い深いい理由

夜寝る時寒いと靴下をはいて寝てますという方は結構多いです

ヒマラヤンユキのウールのソックスをご愛用の方も多くが「めちゃあったかいです!夜もはいて寝ますね」といわれれます。

でも実はウールソックスは「寝る前」までがベストで寝るときはつけないほうがいいんです。

靴下は夜眠る時履かない方がいいというのをご存知ですか?

寝るとき靴下を履かない方がいい深い理由について説明します

体温調節を阻害する!:

足裏体温調整

足裏はまさしく、体内の温度を調整する大切な場所。

靴下を履いていると、足からの熱が外に逃げにくくなり、過度に暑く感じる可能性があります。私たち、眠りに入るとき体温が下がって眠りがやってきます。

体温の調節がうまくいかないと、快眠に影響を及ぼすことがあります。

湿気がこもりやすくなる:

足は通気性が悪く、靴下を履いたまま寝ると足が湿気を保ちやすくなります。

湿気がこもることで、足の皮膚トラブルや爪のトラブルが起こる可能性があります。

循環が悪くなる:

足裏循環促進

寝ている間はリラックスしているため、足の血液循環が重要です。

靴下を履いていると、足の血流が妨げられる可能性があります。裸足で寝ることで、血行が促進され、末端の冷えやむくみを防ぐことができます。

 

 

このような理由から寝るときは靴下を履かない方が循環をサポートしてくれる自分の持っている体温調節&循環機能が働くようになります。

 

いや私はどうしても寒いんだという方は自然素材のシルクまたはコットンのような呼吸をするタイプの素材の靴下を使用してください

 寝るときおススメレッグウォーマー

寝る時のおすすめは靴下よりも足首を温めるレッグウオーマーです。

体の首がついている部分を温めることは体温の調整2 3度変化があります。

自分の体の持っている機能を活用しながら体を温めたい方はぜひ靴下ではなくレッグウオーマーをご活用ください

 あったかグッズはこちらから